iPhone需要低迷関連株暴落!時代は格安スマホ UQのOPPO「R17 Neo」がかっこいい。コスパよしオススメMVNOベスト3

2018年11月13日

これからスマホの主戦場は格安スマホ

来年にかけての政治的値下げもあるけど、もはやスマホ市場の主力はミドルクラス。

世界では、技術の粋はミドルスペック機に注がれて、花形はハイスペック機ではなくなりつつある。
世界トップ7150万台を出荷したサムスン(3位アップルは4100万台)は今後ミドルスペック機に経営資源を集中し市場で勝つ戦略に軸足を移す。
売上半減で、来年予算規模半減を決定したソニーはハイスペ機の開発計画は未定になった。
スマホ黎明期からフラッグシップ的存在を示していたHTCは風前の灯火。
高級端末で勝負するであろうGoogleとアップルの、こないだ発表されたばかり機種は、ハードで最高性能更新!を謳う感じではなかった。特にアップルのXs・XRともに増産計画は撤回され、代わりに前世代機iPhone8を増産するという。


成熟した市場ではスペック競争の結果が勝ちにつながらなく、来年からは各社ともに、これからは安定した部品供給の為、ミドルスペック機種をコアに据え、加えて独自性で勝負していく流れ。

日本では政治に押しきられ、今後MVNOが根付くかMNOが安くするかして、結果スマホ料金の通信料と端末代金の分離が進む感じ。反面、端末代金の負担が大きくなることで、格安SIMとミドルスペック端末の組み合わせが主流になる日も。

ということで、格安SIMに目を向けると、これまでの安くて悪!みたいなのも多いけど、中にはすげー突出した何かがあったり、神バランスでコスパ良すぎだったり、「格安スマホでミドル端末」の選択肢は、すでに面白い状況でした。

  • なるべくなら安いほうがいい
  • 遅くて使えない(事業者)はいやだ

以下2つの条件を満たした上でおすすめの格安スマホ(mvno)ベスト3
(深い意味もなく大手キャリア(DoCoMo・au・SoftBank)を使っているようなら、すぐに乗り換えてください。)

UQ mobile

オッポ R17 Neo
スナドラ660でメモリ4GでSD使えるのでスペック面は問題なし。
めっちゃいいなと思って欲しくなった点は、かっこよさ。
指紋認証かっけーディスプレイ広っ。

この価格帯でひとつ上の性能と独創的な機能とデザイン
ミドル機市場席捲してるのわかるわ。

https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/
https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/

UQで端末買うとか無いわーっていうのは過去の話やね。R17 Neo欲しいからUQにする人増えそう。いい端末です。(とりあえず触りに行きたい)もしかしたら買うかもしれん。また追記予定


UQ目玉端末OPPO R17 Neo 実質価格は3万円切る模様

現時点の価格は38,988円!高コスパ!さらに、
【UQmobile】ここから申し込むと実質価格3万切るので。

mineo

UQも早いがマイネオも早い。昼の回線遅いの嫌なひとはUQかmineoだと思う。
マイネオにはHUAWEI nova 3 があるので大丈夫
Kirin970を搭載(スナドラで換算すると660以上835未満)かなり高性能。カメラ性能も良い部類。さっきのOPPO R17 Neoより高い分の性能はある。ゲームでもそこそこいけるレベルなのでかなりの高コスパ。ほぼハイスペック機。
※まずはドコモプランで購入可

mineoの強みは3キャリア対応

マイネオのよさはドコモでもauでもSoftbankでも対応しているので、今使ってる端末を使い、速度も快適に、そのまま安くなるところ。(携帯機種によって使える電波がau系・ドコモ、SoftBank系とある。でもマイネオは大丈夫ということ)
mineoへはこちら

楽天モバイル

使ってわかったこと。
お昼時の高速通信は高速ではない。ストレス。だめ。常にに快適を求めるならば高い3大キャリアか、上のUQかマイネオがいいです。
ただし、低速使い放題をメインと考えると、最強コスパに!
楽天モバイル スーパーホーダイ
の一番安いので2480円。
その1通話10分以内使い放題
その2通信速度1メガ使い放題

これの使い勝手がすごくいい!電話は10分あれば事足りるので問題なし。
通話音質が超いいし!俺は楽天に変わって大正解。
低速通信使い放題が実はすごくて、高速通信使わんでいいくらい安定してる
YOUTUBEは問題なく観れSNSのTVでんわもOK。使い放題なので通信料気にせず使ってる。
貴族のように振る舞って通信してるわ。
逆に外ではWIFIオフ。要らんWIFI拾わんようにしてるくらい。

月の料金2980円が、
①3年契約申し込み(1000円引き)
②楽天カード会員(500円引き)
③ダイヤモンド会員(500円引き)
と値引きされて980円。多分ポイントで払うので0円。
実際の支払いは、別に機種代金の分割24回の分が3000円くらい。(端末購入時にポイント使った)

防水防塵・おサイフケータイ・SDカード・メモリ6GBのハイスペックSIMフリー端末 HTC U12Plus
販売端末一覧

年間10万円以上の節約も

深い意味もなく大手キャリア(DoCoMo・au・SoftBank)を使っているようなら、すぐに乗り換えてください。UQ・マイネオ・楽天モバイルならそれぞれ最適な節約ができます。

今のauのスマホを使いたい→UQ・マイネオで快適なまま月の支払いが2000円以下に。
今のDoCoMoのスマホを使いたい→楽天・マイネオで快適なまま月の支払いが2000円以下に。
今のSoftBankのスマホを使いたい→マイネオで快適なまま月の支払いが2000円以下に。mineo

ゲームでも快適なハイスペックのスマホを使いたい→楽天・マイネオでハイスペ機込で月の支払いが5000円に。


お洒落でかわいい新機種スマホを使いたい→UQで新機種代込で月の支払いが3218円に。【UQmobile】

ただし、通話し放題に差があって
UQ・マイネオは5分、楽天が10分。それぞれのメインとなるプランに設定されている。
5分あれば事足りるのでこの3社なら大丈夫かと。

少し手間でも、節約の効果が絶大なので、検討の価値あります。
(高速通信データを何十ギガも使っている人・お金を浪費したい人以外は)