シン佐賀競馬。4月からいろいろ変わっていたので攻略アップデート【2021年】

すごい佐賀競馬!新聞や独自番組パワーアップ!初心者向けコンテンツが素晴らしい

この4月から佐賀競馬のメディアが良くなっておりました!
佐賀競馬を楽しむ人目線って感じです。いいですね。
青木理奈氏続投!大きいです

YouTube配信がいろいろ変わった佐賀競馬

これまで開催情報などを発信していた佐賀競馬公式YouTubeチャンネルが4月からリアルタイムレース映像の配信を行います。会場に流れる映像とおんなじです。場内のアナウンス、雰囲気やパドック解説も流しっぱなしです。
sagakeiba official
これまでやってた開催情報の番組は新チャンネルに移行して継続です。よかった!青木理奈様も継続参戦でファンも安心です。
うまかつ情報局
馬券で儲ける情報を堂々と行ってます。競馬初心者が見てもしばらくのうちに馬券師になると思います。

有料予想紙が無料でよめちゃう佐賀競馬


この4月から場内で全レースの印が打たれた簡易予想紙の配布がスタートされました。これが結構便利でして、出走表に騎手、戦歴などが記されてます。余計な情報に惑わされることもないというか、ちょうどいい感じです。もっと情報がほしい場合。場内に専門誌が売ってますし予想屋も居ますしね。
ですが、ネットでは全レース丸々公開されていました!
さがけいば無料ネット新聞 うまかつ.net
有料版と何が違うんでしょう?ほぼ同じです!ぜひ読み比べてください()

さがけいばもパドック解説が全レースに拡大

今開催から全レースパドック解説が始まりました。初日の金曜、土曜とも椛島さんの解説と、男のひとが進行役で場内のレース発売直後から結構ガッツリ話してます。率直な見解が多い印象なので外したとても信頼足る感じです。
デメリットとして、
これまでのパドック解説進行のおねえさんじゃない
ITsAグリーングリーンの謎神曲のパワープレイがなくなった
といった少数のファンに残念な事も。
個人的には数年前のパドック解説のおねえさんのヘタウマな感じが最高でした。復活を希望してます。

全レース解説の為さがけいばのテーマソングを流す時間がなくなりましたし、くだんのおねえさんは場内アナウンスの合間にパドック解説の進行をこなしていましたので両方とも仕方ないですね。

ナイター開始で場内の居心地はよくなったさがけいば

今回のおおきな目玉はナイター開催です。
土日に開催がメインの佐賀競馬は、JRAのファンを佐賀に集めるのが売上拡大の命題です。
メインレースの終わった頃から1レースがスタートするかたちとなりました。
以前(コロナ前)場内アンケートではナイターを始めたい組合と、朝からレースして欲しい利用者とのせめぎあいのような応答が掲示板で繰り返されておりました。
私は車で佐賀から福岡まで戻るのですが、遅くなった分道が空いてるので大嫌いな渋滞から解放されました。
実際に売上が上がり、場内も目に見えて綺麗になったのでこれでよかったと思う次第です。

なんでも焼くお店は健在

コロナが落ち着いて賑やかな場内になれば尚よしです。

有料席の招待サービス復活

新型コロナ対策で入場制限中です。場内に3000人以上滞留しないよう、出入口でカウントしています。
ですが、3000人以上滞留は中島記念や栄城賞くらいで、普段はまずないとおもいます。
非常事態解除に伴い、3階有料シートの招待が復活しました。

3階ビジョン前の有料シートが解放されてます

入口ゲートの受付で身分証を示して指定席券を貰います。
女性(同伴者の男性も利用可)レディースシート
誕生月のバースデーシート
シニアシート、グループシートがあります。
誕生月は皆チャンスあるので是非利用ください。

佐賀競馬令和3年度まとめ

ネット発売での売上増に賭ける、ステ全振りの施策ですが、ネット利用者、場内購入者とも目に見えて便利になってますね。
レース映像、動画コンテンツ、場内での予想紙、有料シートの解放など以前より快適になってます。
JRAの発売などまだまだ100%となってないんですが、それらも今後広々快適になれば日本一の馬券パラダイスになるんじゃないでしょうか?
朝から晩まで買いまくれる環境、期待しています。

明らかになった地方競馬の闇まとめ【八百長・セクハラ・レイプ】

先日笠松競馬の不正についてひっそりとした報道がありました。
競馬と八百長についてリアルなのかファンタジーなのか、けっして明かされることはないはずが、あっさり八百長だったと認定されました。


以上が最近数日の間にメディアに出た、笠松競馬の日常です。
笠松競馬だけ異常だったのでしょうか?
パワーワード「嫁を一晩貸せ」「お母さんと寝させろよ」が強烈すぎて、笠松はすげえな、など思ってしまいますが、八百長は笠松だけ?

報告書のなかで「収益を上げるため、競走馬の着順を意識的に下げる八百長行為があったのではないかと、疑われていた <複数人から、騎手らによるいわゆる八百長があった旨の供述を得た」とあり、本当に八百長の事実があったわけで
交流の多い地方競馬において笠松だけ特別、異常とは普通に思えません。


私のメソッドは、私の妄想で、ヤリヤラズがあるとしたら?と仮定してレースに挑む八百長までファクターにするやり方です。
エアーポケットの激走は元があったんですが、ヤラズも読めないとだめでしたね
エアーポケットの激走は元があったんですが、ヤラズも読めないとだめでしたね

八百長一味の騎手は誰?というのをイメージします。
激走してもおかしくないジョッキーと、
ヤラズでもおかしくないジョッキー
激走は必ず馬が好調(元気)ですから、
八百をやれる人は限られますので、馬の状態でかなり絞り込めるはず。噛み合えば一点で穫れる高額配当のお宝レースというわけです。
そういうレースが日にひとつはあります。組合は推奨してる思いませんが高額配当で盛り上がるのは前向きそうです。ここはお宝レース!という気配を感じたら、このメソッドを思い出すと高額的中かもしれません。

ですが、この不正発覚が各地の競馬場に飛び火しないうちに、できるだけ早く清く正しい地方競馬になってほしいと思ってます。地方競馬が大好きなので。

日記

Posted by caethemagic